H門戸
この物件はオーナー様が、全国賃貸住宅新聞(楠本が2月に連載)を読まれて、問い合わせのあったお客様でした。大変熱心なオーナー様で、入居者様の事を第一に考えておられました。もともとのお部屋は、手前がキッチン、奥が和室で、トイレ付のユニットバスでした。まず、トイレとお風呂をセパレートにしました。1人なら十分な広さの1014タイプのユニットバスを使用し、出来るだけ部屋が狭くならない様にしました。1人暮らしの部屋ということで、友達が来ても話しながら台所が使える様、魅せれるキッチンを部屋の中に置き、部屋のバランス、調和を考え、キッチン扉の面材も他の扉と同じ物にしました。トイレの背面にモザイクタイルを張り、配管をよけて段を作り、物を置ける様にし、ガラスシェルフを付け、1ルームでも機能的で居心地の良いスペース作りを目指しました。もちろん壁はポーターズペイントです。退去時を考え、タッチアップ(補修塗装)ができるメリットを考えております。
マンションの玄関扉を開けた瞬間に、入居したくなるような雰囲気を考え、配色しました。解体工事から施工及び施工管理まで当社でさせて頂いており、デザイン料を含めまして、155万円(税込み)にてさせて頂きました。
(デザイン/大岡紀美子)
Before
▼画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が表示されます。
         
After
▼画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が表示されます。