成増Project

今回の成増の物件は築40年を過ぎた物件で痛みも激しい状態の物件でした。オーナー様は建て替えも検討しておられましたが、現地調査をさせて頂いた上でリノベーションする事を提案致しました。この物件が建つ所は現在の法律では高さが制限されている場所であり、建て替えをしてしまうと現在の7階建てから5階建てへと階数が減ってしまい、お部屋の数が取れず家賃収入も減ってしまうという条件でした。また、RC造のしっかりした物件である為、建て替えの場合には建物の解体費用や、基礎や杭を抜く費用が多く掛かってしまいます。また、建物の状況からリノベーションをする事でデザイン性の高い物件に蘇らせる事が出来ると判断致しました。

新聞掲載

お部屋の中は各戸の界壁はそのままに、お部屋の中を配管も含めて全て撤去したスケルトンの状態とし、間取りも含めて全面的にリノベーションを行いました。全戸をまとめて工事する為パイプスペースの位置も新たに設置出来、水廻りのレイアウトの自由度も高く、通常の1戸単位のリノベーションでは難しい間取りも可能となり、使い勝手にも配慮したデザイン性の高いお部屋を作る事が出来ます。

また、合わせて耐震補強工事や外壁の塗装、共用部等についても工事を行い全面的にリノベーションしております。外観をリノベーションする際には古い建物特有の特徴的な形や雰囲気を無視せず、活かすことで建築当初からその物件がその姿で建っていた様に歴史を感じさせる建物へと生まれ変わります。

以上のような考えで全体のリノベーションを行う事で建て替える場合と比べて費用を抑えながら新築にも負けない、新築には無い味わいのある物件となりました。また、家賃も周辺よりも高い設定であるにも関わらず人気のある物件へと生まれ変わりました。