豊中I邸
豊中I邸
この物件はマンションでありながら、広い庭のある一階のお部屋で、奥様のご希望でキッチンからお部屋と庭が見える状態の間取りを提案させて頂きました。また、キッチンにはご主人と一緒に立たれる事もあるとの事で、横並び3つ口コンロのキッチンをご希望でしたが、そのキッチンを活かして斜めに配置する事で作業スペースを広くとり、お二人での作業を効率良く行う事が出来るような間取りとしました。さらに、斜めに配置したキッチンによりキッチン部分からお部屋全体と庭が一望できる、視線の広がりを感じられるお部屋となり大変喜んで頂いております。
当初弊社にご依頼頂く前にハウスメーカーや大手リフォーム会社に見積を依頼していたとの事でしたが、どの会社も奥様のご希望を満たすような提案がなされなかったとの事でした。今回弊社のお客様からのご紹介でお伺いさせて頂きましたが、弊社で提案した間取りを一発で気に入って頂き、弊社にリノベーションのご依頼を頂きました。
床材のフローリングについてはグレードの高い物で、高級感を感じる反面組み合わせが難しい色柄を選ばれましたが、壁に輸入塗料のポーターズペイントを使用するなどし、建具についても150種類を超える幅広い色柄の中からコーディネートする事で、高級感を感じられ調和がとれた空間を演出しました。また、キッチン部分の床や、リビングの一部床にもタイルを使用し、キッチン背面の飾り棚部分にもタイルを使用する等随所にアクセントとなる部材を使用しています。玄関に入った壁面には芦屋スタイルウッドを使用し、入った瞬間のインパクトと高級感が感じられる空間となっています。リビングにも掃出し窓の間部分に芦屋スタイルウッドを使用し空間に変化を付けています。キッチン側面やカップボード部分にはパネルを使用していますが、一般的なキッチンパネルではなく木目調パネルを使用する事で、デザイン性も高い空間を演出し、汚れも付きにくい等使い勝手も良いキッチンとなっております。また、TV部分には背面にタイルを設置し、壁掛けテレビとする事ですっきりとしながらも高級感が感じられる空間となっています。
奥様には、大変長い時間考えていたリフォームが実現出来、思っていた以上の仕上がりになったと大変喜んで頂きました。