H門戸306号

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

この物件は京都大学に程近い物件で、以前2部屋同時に弊社にてリノベーションをさせて頂いた物件です。今回、1部屋空いたとの事でリノベーションの依頼を受けました。
元々、ユニットバスとトイレがセパレートのお部屋ではありましたが、ユニットバスが0816、トイレが0811サイズのユニットというとても小さな物がついていました。
今回、ユニットバスは1014サイズの物を使用し、トイレはユニットバスと別に設けました。元々洗濯機置き場がないお部屋でしたが、洗面台と便器とを同じ空間に設置する事で、限られたスペースを有効に利用して洗濯機置き場を設置しております。また、同じ空間に設置した洗面台と便器の背面の壁全面にタイルを貼る事によって外国のような雰囲気を演出しております。
お部屋については部屋の奥の壁面に芦屋スタイルウッドを貼っており、廻りのクロスとのコーディネートにより、高級感を感じられる空間としています。また、オーナー様のご希望でクローゼットの奥行を800mmとる事によってお布団を収納できるようにしており、ベッドを設置しない場合には限られた空間を広々と使えるようにしております。
また、キッチン部分については今回キッチンパネルを使用しておりますが、一般的なキッチンパネルではなく、特徴的な柄のパネルをコーディネートする事により高級感ある空間としております。
オーナー様には前回とはまた違った高級なお部屋になったと喜んで頂いております。