H門戸306号

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

この物件は以前より弊社にてリノベーションさせて頂いている物件で、一昨年にはマンションの外観や共用部についても弊社にてリノベーションさせて頂いております。また、お部屋が空くとその度にご依頼を頂いており、弊社にて続けてリノベーションをさせて頂いております。
今回も、お部屋が空いたとの事でご依頼を受けて、リノベーションをさせて頂きましたが、今回のお部屋については以前弊社と知り合う前に、オーナー様でリフォームを一度された部屋で、ユニットバスとトイレをセパレートにした比較的広い1Rの間取りとなっていました。一度リフォームをされているので、今回はユニットバスとトイレの位置は変更せず、費用を抑えてリノベーションをさせて頂きました。
オーナー様のお部屋を少しでも広く見せたいとの希望と、元々の間取りでは玄関から入るとお部屋の中が見えてしまっていたことを考慮し、玄関から入った正面にパーテーションを設けて玄関を開けた時にお部屋の中が見えないようにしています。パーテーションを設ける事により一度壁側に移動してからお部屋に入る動線とし、お部屋を対角の一番長い距離で見せる事によりお部屋の中が見えた時に視線が奥まで広がるようにしております。さらに、その位置から床材をお部屋の角に向かって斜めに貼る事によりお部屋の角に視線を誘導し、さらに広く感じられるように工夫をしております。
お部屋の中に入ると、新しく入れ替えたキッチンが見えますが、これについては一番安いグレードの物を使用し扉を入れ替える事で費用を抑えながらも高級感の感じられるキッチンとなっています。そのキッチンの扉と同じ柄でクローゼット扉等の建具、さらにはお部屋の入口側に吊収納を設けています。この吊収納は、弊社で開発した「Plu’S Plu’S」という商品で奥行を薄くすることでお部屋の中に設置しても圧迫感なく、収納力を上げる事が出来る商品です。さらには今回の事例のようにキッチン扉や建具と同じ柄で扉を作成する事ができますので、空間に統一感をもたせる事が出来ます。
また、トイレについては便器を再利用し、クロスとクッションフロアを貼り替えています。さらにアクセントにタイルを使用しており、高級感を感じられるトイレとなっています。
今回のこの物件は引き渡しをしたその週の週末には入居が決まったとの事です。その入居者の方は当初新築のお部屋を探しており、新築の物件を何件も見られた上で、新築のお部屋よりもリノベーションをしたこのお部屋を選ばれたとの事でオーナー様には大変喜んで頂いております。