池袋Project

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

この物件は東京の池袋から徒歩10分という好立地に立つ物件ですが、今回オーナー様が購入した際にはマンションの9戸中8戸が空きという状況でした。今回は空き部屋8戸の内装に加え外壁改修も行う一棟丸ごとのリノベーションとなりました。
8戸の内6戸のワンルームタイプの部屋は、工事前は6万円を切る家賃であっても入居が決まらない状況でしたが、リノベーション後には7万円台で入居が次々と決まり、閑散期のこの時期で募集開始から2週間でワンルームタイプ6部屋、全ての部屋の入居が決まりました。さらに驚くことに、条件の悪い北側の部屋から入居が決まって行ったとの事です。
今回この物件に施したリノベーションの手法は20代の若者をターゲットとしているものの、流行りを追いかけた奇抜な事はせず、入居者に気に入って長く住んでもらえるようにデザインしました。また、たとえ退去者がでたとしても大きく手を入れることなく次の入居者に気に入ってもらえるようなお部屋としており、時代に流されず普遍的に良いと感じる、高級感あるデザインを感じられるお部屋としています。
南側のお部屋は長方形の一般的な間取りのお部屋で使いやすいお部屋ですが、玄関からお部屋の奥が見えてしまう間取りであったため、天然のツキ板を使ったパーテーションを使用して入口からの視線を遮り、1Rではなく1Kの様なニュアンスでもお部屋を使っていただける間取りとしております。
また、北側のお部屋はL字型のお部屋となっており、本来使いづらい間取りとなりがちですが、水廻りの位置を工夫し、セパレートでトイレを設置した上で使いやすい間取りとしています。キッチン側と居室側とで床材のフロアタイルの貼り分けを行い、お部屋の奥に向かって床を斜め貼りとする事で実際の面積以上に広く感じられるようにしております。さらには、パーテーションと同じツキ板を使用した鏡や壁面化粧材「芦屋スタイルウッド」を設置する事によってお部屋に統一感と高級感を演出しています。また、各戸全て違うデザインとし、バリエーションを持たせることによって幅広いニーズに対応しています。
外壁改修については、今回のこの機会に足場をたて、防水工事をはじめコーキング工事、塗装工事としっかりとメンテナンスを行っております。塗装工事では前面のタイルの色に合わせ、築22年という建物に見合った落ち着いた色合いを選択し、建築当初からその色合いであったかのように表現する事によって内外装共に月日が流れても色褪せない魅力を持つ建物を完成させました。