W邸

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このお部屋は、大阪市内にある物件ですが、築年数は古く、和室二間、洋室2部屋、LDKという間取りでしたが、天井が高くリビングを広く見せる事が可能な造りでした。

お施主様は結婚式を目前に控えた若いご夫婦で、ご夫婦共にある有名ブランドショップの店員をされている方々で、黒を基調にショップの様なクールな空間をご希望でした。

様々な部材を提案させて頂きましたが、特にお施主様に気に入って頂いた物が、弊社で開発致しました
「芦屋 Style Wood」で、これを是非黒色でやってみたいとの事でしたので、特注で対応させて頂きました。
「芦屋 Style Wood」を中心に、その他の部材のコーディネートを提案させていただきましたが、ポーターズペイントや、タイル等を要所に使用することで、本当にショップの様な雰囲気になったとお施主様にも喜んで頂けました。
今回リビングでは、お施主様が気に入られた「芦屋 Style Wood」を中心に考えたデザインをアドバイスさせて頂きましたが、黒という重くなりがちな色を中心に使いながらも、アール壁を取り入れたり、「芦屋 Style Wood」やキッチンに
ステンレスを組み合わせたり、ポーターズペイントを組み合わせたりする事により重くなり過ぎず、クールで落ち着いた空間となりました。

リビングだけでなく、廊下や、サニタリーもお施主様に大変気に入って頂いており、廊下には黒のタイルとピンスポットを組み合わせ、壁にはクロスではなく、ポーターズペイントを使用する等した結果、玄関を開けた瞬間からまるでクラブの様な雰囲気になっております。サニタリーは、既存の洗面台を使用しながらも扉を「Milano Magic」で交換し
タイルを組み合わせるなど、費用を抑えられるところは抑える工夫をしながら空間の雰囲気を作りあげております。
トイレ内はポーターズペイントで赤のアクセントを加えて、こちらもクラブのトイレのようだと、お施主様に気に入って
頂いております。

アップでは、これまでのリノベーション実績やデザイン提供の経験から、バランスの良いアドバイスをさせて頂いて
おります。お施主様の考えや、好みを把握した上で、その先にどのような空間を希望されているかを考え、デザインの
プロとして、全体のバランスを考えた提案、アドバイスを致しております。
今回のお部屋は新築マンションには絶対ない空間であり、それどころかショップでも見たことがない程カッコよくまとまりのある空間が完成し、お施主様に喜んで頂けたことが大変うれしく思います。
お客様の声
楠本さんとのご縁は、今年の初め頃だったと思います。
私たちは祖母から譲り受けたマンションを、賃貸物件では絶対に無いお洒落な空間にしたくリフォーム業者を探していました。
1件目に他業者に依頼をしながらも、並行してインターネットや雑誌でセンスの良さそうな業者を探していた時にアップのホームページを見ました。
ホームページの写真を見た瞬間、「ここなら希望を叶えてくれそう!」と私の直感だけでアポイントを取りました。

リフォームと言えど大きなお金が動くので、期待と不安が入り混じる心境でお話を伺いに行きました。

私たちの希望は黒を基調とした、クールなショップ、お洒落な飲食店のような空間がテーマだったのですが、希望を伝えると次々と幾つかのイメージや材料サンプルを見せて頂きました。

他業者では中々イメージを上手く伝える事が出来なかったのが、まるで全てお見通しな程ニーズの聞き出し、
読み取りが早く、そして何より幅の広いピントの合った提案に、帰る頃にはもう楠本さんに依頼する事は私の心の中で決まっていた程でした。

勿論その後他業者への依頼はせず、家族に相談、そして家族を交えての打ち合わせの後契約に至りました。

契約して以降もスピーディーな対応、工事の進行、そして私たちの好きそうな新しい材料があるとすぐに連絡を頂き、提案して下さる、その120%こちらを満足させたいという姿勢に感動しました。部屋だけに留まらず、インテリアの
アドバイスまで頂き、助かりました。

限られたコストの中で、無理も言いましたが、ここまで満足出来る空間に仕上げて下さった楠本さん初め、関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有難うございました。