新築プロデュース
新築プロデュース TOP新築実績 TOP
六甲六木八潮和泉
和泉U
新築実績 和泉

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


オーナーの声

楠本社長との出会いは昨年の東京の賃貸住宅フェアでの事です。
その頃、相続したばかりの物件や土地をこれからどうして行こうかと考えていた時期で、何か役立つものがないかと様々なブースやセミナーを聞いて回っていました。その中で、最も目に留まったのがアップさんのブースであり、熱く語る楠本社長のセミナーでした。
セミナー終了後、楠本社長とお話しさせてもらい私の現状を簡単に話させてもらいましたが、相続した文化住宅について他社はみなさん潰して新しい建物を建てるという事ばかりを言う中、現金収入になる文化住宅は残しておくべきで、費用をかけずに外壁を塗りなおす程度で十分との事で、的確なアドバイスを頂きました。
大阪に戻り、実際に外壁塗装をしましたが、費用を抑えた工事で見た目も綺麗になりました。現在でも満室を維持しており、経営の柱となっています。
その間に、アップさんでリノベーションを行った物件をみせて頂き、楠本社長とお話をさせて頂く中で、楠本社長に新築のプロデュースをお願いして間違いないと確信しました。
実際に新築工事が始まる前に、持っている物件で空いていたお部屋をリノベーションして頂いたのですが、そこでの反応が良かったこともあり新築への期待は大きなものでした。
建物が完成した結果、それぞれの部屋で全くデザインが違い、入居者の好みによってデザインで選んで入居してもらえるような物件となりました。また、建築費用も当初の予算通り、他社で建てるよりも安く、しかもグレードやデザイン性も高い物件が出来上がり、業者や内覧者の反応もとても良いものでした。また、家賃設定も周辺相場を考えると少し厳しいかなと思える相場の1.5割〜2割程度高い設定で募集をかけましたが、順次入居が決まっていっており、楠本社長にお願いして本当に良かったです。
また、現在近くの土地に今度はファミリータイプの新築マンションのプロデュースをアップさんに依頼していますが、次はどんな物件が出来上がるのか今から楽しみにしています。

プロデュースのこだわり
大阪市内からは少し離れた立地ながら、駅に程近い物件。周辺には大手メーカーのアパートばかりが目立ち、デザイン性をうたった物件は聞いたことがない、というエリアにこの物件は建っております。
オーナー様からこの場所に賃貸物件を建てる話をお聞きした時には、既に戸建賃貸を建てる計画が進んでおり、具体的なお話を聞いたのはその戸建賃貸の工事契約前日の事でした。今回の物件の土地は元々オーナー様がお持ちの土地でしたが、せっかくお持ちの土地に戸建賃貸を建ててしまうと、建築費用は確かに抑えられますが、家賃として入ってくる金額も低くなってしまい、より大きな物件を建てられる土地を活かしきれず収益性が下がってしまう事をご説明させて頂きました。この土地に建てられる建物の大きさと基礎も含めた建物の費用を考慮し、周辺の家賃相場や賃貸物件のニーズからは最大限収益の上げられる各戸の大きさと戸数を決定し、オーナー様に十分に納得して頂いた上で今回の計画を進めさせて頂きました。
様々な諸条件から今回の土地に建てる物件は、木造2×4工法3階建て全18戸とするのが最も収益性が高いと判断致しました。限られた土地に最大限大きな建物を建てる今回の計画では、建物の配置が限られ苦労致しましたが、2棟を向い合わせる形で中心に共用廊下を設ける配置とする事で、エントランスをしっかりとした形で設けてデザイン性を高めると共に、オートロックを設ける事が可能となり共用部を含めたセキュリティーにも考慮しております。また、その限られた配置の中で2棟の建物の位置を前後にずらす事で、内覧に来られた際、物件の外観が目に入った時に視界が開けるように動きを持たせております。
今回、2×4工法の3階建てという構造と大きさから外部の仕上げはサイディング仕上げとしました。震災の影響でサイディングの種類が限られた中での外壁材選びでしたが、その中でも3種類のサイディングを使い分け、縦貼りを取り入れるなどして目地を少なく目立たないように工夫する事により、デザイン性のある外観を演出しました。さらに、ゴミ置き場とプロパン庫にはイタリアタイルを貼り、エントランス部分外部床にはタイル状の石を貼る事により、最初に物件に訪れた際にインパクトを与える、デザイン性の高い外観となっております。また、オートロックのインターホン部分にもゴミ置き場と同種のタイルで小さなサイズの物を使用する事で、統一感をもたせております。インターホンの背部には御影石製で名前の部分が浮き出るように周囲を掘り込んだ銘板を配置しており、重厚感をもたせております。この、銘板については直接石屋に依頼する事で、費用を抑えながらもしっかりした物となっております。プロパン庫を設けている事から分かる通りこの物件はプロパンの物件ではありますが、プロパンにする事によってオーナー様にとってはメリットが多く生まれます。ガス工事から、ガス機器(コンロ、給湯器)まで全てプロパンガス業者の負担で行う事で、費用を抑える事ができます。
オートロックを解除しエントランス内部に入ると床には、先ほどの外部床タイルとは別のイタリア製のタイルが貼ってあります。周囲を黒のタイルでボーダーを入れて引き締め、内側には白のタイルを斜めに貼ってあり、自然な濃淡があるイタリアタイルは空間を上質に演出しています。
1フロア6戸3階建ての、この物件は間取りとしては6パターンと上下階で共通のパターンとなっておりますが、各戸全く違ったデザインとしており、全18戸全てを違ったデザインと致しました。その間取りは、お部屋の中にアール壁を設ける事によって視覚的な広がりを演出し、他のマンションにはない間取りとなっております。それぞれのパターンのお部屋は1LDKとなっており、パターンによっては1LDK+Sという形で大きなウォークインクローゼットを設けるなど様々なニーズに対応できる間取りとなっております。また、一部の間取りでは、寝室部分と洗面が一体となった間取りとしており、タイルやデザイン鏡を使用した空間をお部屋の中に取り込むことにより、他に高価な部材を使用する事なくデザイン性の高い空間を演出しています。
全18戸全て違うデザインの住戸ですが、それぞれの部屋で違った柄の建具を使用しています。これは、弊社の商品である分譲仕様建具「’Status」を使用する事によって可能になる事で、180種類以上ある柄の中からそれぞれの部屋のイメージにあった柄を選んでコーディネートしております。この建具を始め、キッチン、ユニットバス、クロスや床材のフロアタイル、クッションフロアまでオーナー支給という形を取る事で予算を下げております。その、下がった予算でキッチンや洗面台にタイルを使用し、弊社製品の芦屋スタイルウッドを要所要所に使用する事によって、グレードの高い空間を演出しています。その一方で、クロスについても貼り分けを行ってデザインをする事により、全面に渡って一種類のクロスを貼るのと同じ費用でお部屋の雰囲気を上げる事が出来ます。さらに、床材についてもフロアタイルを用い、お部屋のデザインによって斜め貼りやヘリンボーン貼りなどのデザイン貼りを行い、さらにアール状に貼り分ける等してお部屋のデザイン性を上げています。
また、オーナー支給としたキッチンについては最小限の機能の物で一番安価なグレードの物をいれており、その扉を建具と同じ柄のキッチン扉「Milano Magic」と交換する事により費用を抑えながら、統一感のある空間とし、お部屋のグレードを上げています。

このように、今回の物件についても外観やエントランスなどの共用部から各住戸の中まで全てにこだわってプロデュースさせて頂きました。トータルで考える事で様々な工夫により費用を抑えられるところは抑え、費用をかけるべき部分に予算を割き全体予算を抑えながらもインパクトがあり、デザイン性の高い建物とする事が出来ます。結果、建築費を抑えながらデザイン性の高い物件となり、家賃設定も周辺相場より1割5分から2割も高い金額で入居が決まっていっているとオーナー様にも大変喜んで頂いております。