賃貸偏差値

所有されている物件の賃貸偏差値を調べませんか※「賃貸偏差値」商標登録申請中

オーナー様が所有している物件の「賃貸偏差値」がどれくらいあるのか気になりませんか?
株式会社アップでは、関西を中心に全国各地で新築マンションのプロデュースやリノベーションの提案、自社で保有したマンション経営、さらにオリジナル健在の開発販売と多くの実績とノウハウがあると自負しております。また、全国賃貸新聞などのセミナー講師や不動産会社の経営コンサルタント、管理会社のマネージメントなど賃貸マンション経営に関わる様々な事業を行なってまいりました。

今まで蓄積してきた知識や実績を用いて、オーナー様が保有しているマンションの客観的で適切な評価を行うサービスを提供しております。当社オリジナルの「賃貸偏差値」の考え方を用いて、客観的なデータを用いて物件を1つずつ評価することで、物件の強みと弱みを表した賃貸偏差値を示させていただきます。物件の強みが分かれば、それを生かした部屋づくりができます。逆に弱みを知ることで、弱みを補う工夫をお部屋に施すことで、さらに賃貸偏差値を向上させることが可能です。

また、当社ではマンションの賃貸偏差値を高めるリノベーションも行なっておりますので、賃貸偏差値を上げるためのコツやノウハウのご提案も可能となっております。賃貸マンション経営は費用をかければ良いものではないと考えております。入居者からのニーズを適切に捉え、効果のある内容を行うことで費用対効果が高いマンション経営が実現できるでしょう。高い施工費をかけるだけでなく、アイデアや見せ方を工夫することで、他社で同じだけの費用をかけても見出せない、高級感がありハイセンスな価値あるリノベーションをご提供できます。

賃貸偏差値を用いて、負けないマンション経営を行ってきた実績とノウハウが当社には豊富にございます。客観的な指標となる賃貸偏差値を把握して安定した入居率を確保し、安心なマンション経営を行いませんか?マンション経営でお悩みの方や保有しているマンションの賃貸偏差値が気になるオーナー様は、当社にお気軽にご相談くださいませ。専任スタッフがご対応させていただきます。

賃貸偏差値を分かりやすく解説

今までは、リフォーム、リノベーションをすれば入居がありましたが現在は入りにくくなっているのが現状です。

私立大学の定員割れが4割に達したと、先日の日経新聞に出ていました。人口の減少により入居率は低下しています。

地方の場合、管理してる物件優先で客付けしている場合が多く、都心部だと、人口が多いとか、駅から近いところはいいのですが、そうでないところはやはり入りにくくなっています。

どうすれば入居率が上がるのでしょうか?まずは競合を知る事です。
競合を知り、自分のマンションがどの位置なのかを知る事です。その上で賃貸偏差値を考えます。

競合マンションをリサーチ ワンルーム デザイン性があるのか。ミニキッチンかコンパクトキッチンか。エアコンはあるのか、無いのか。ベランダは広いのか狭いのか。室内干しがあるのか、無いのか。水回りは古いのか、綺麗なのか。防犯カメラやオートロックはあるのか。ファミリー 追い焚きがあるのか、ないのか。流し台なのか、引き出し式システムキッチンか。下駄箱は小さいのか大きいのか。風呂場にテレビがあるのかないのか。デザイン性はあるのか、ダサいのか。防犯カメラやオートロックはあるのか。
競合とお持ちのマンションを比較競合するマンションと設備が同じ場合 同じ賃貸偏差値 さらに環境を比較したとき 賃貸偏差値が高い低い 敷金家賃礼金バランスを検証 賃貸偏差値を算出

賃貸偏差値を考えたリフォームや入居募集をしなければ、効果が上がらない。

まず競合を知ることが大事
そして、自分の物件がどの程度の賃貸偏差値かを知ること

これからは管理会社だけや、不動産屋任せでは、駄目です。リフォームをしたから、リノベーションをしたから、もう入居が安心だという事はありません。

ある管理会社で講師をさせて頂いた時は、リフォーム提案をして、入居が決まらなかったら、責任を感じるのが嫌だと、会いに行くのを避けてしまうと言っていました。

これからは人口が減る上で、賃貸偏差値を上げ、どうアピールするかです。
その為に、ご自身が所有の物件の賃貸偏差値を知るべきです。

お電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

  • 電話でのご相談:06-6130-8835
  • メールでのご相談